タグ:新生姜 ( 1 ) タグの人気記事
旬の新生姜シロップ | 自家製ジンジャーエール
a0057650_16244290.jpg旬の新生姜で作る濃縮タイプの生姜シロップ

週末、哲さんちに撮影に行き、お昼休憩に裕子さんお手製のジャンジャーエールを頂戴しました。旬の新生姜はきりり爽やかで、作り方を聞いてざっとメモ。

いつものように自己流になったけど、おいしくできました。

a0057650_1625415.jpg

まずは駅地下の八百屋さんで新生姜2パック買ってきました。

a0057650_1626421.jpg

和歌山産100円/100g。
いつもこのお値段です。

a0057650_1627578.jpg

【材 料】
新生姜 500 g (皮や端を処理した後の正味)
粗糖 500 g

【スパイス】
クローブホール 20粒くらい
シナモンスティック 1本
唐辛子 1本
ローレル 2、3枚

レモン 1個

【道 具】
鍋、ザル、ボウル、煮沸消毒したガラス瓶。

砂糖は今回は粗糖の「一番糖」を使いました。キビ砂糖、甜菜糖でもいいかな。
標準仕様は、生姜:砂糖:水=1:1:1。好みに合わせて砂糖は70%まで減らすときりりとした味になります。水の量は生姜から出る水分を見て適当に。
新生姜は砂糖をまぶすと出てくる大量の水分だけで煮ますから、かなりの濃縮シロップができます。
普通の生姜の場合は生姜の80~100%の水を足して煮ます。

a0057650_16304842.jpg

新生姜は洗って目立つ汚れはナイフでこそぎ落とし、水分を拭き取ります。
a0057650_1631084.jpg

皮付きのまま2mm厚にスライスして鍋へ入れ

a0057650_1632620.jpg

お砂糖をどさっと入れ、

a0057650_16321852.jpg

ざっくり混ぜて馴染ませ、1時間放置。


スパイスの準備

a0057650_1634514.jpg

a0057650_1635580.jpg

シナモンはバリバリ手で折り、唐辛子は輪切り。
カルダモン、コリアンダー、ブラックペッパー、オールスパイスとか、体を温める効果、消化機能の促進、抗菌作用、血液浄化、発汗作用を期待して好みと目的によってアレンジできます。家にあるもので適当に。
ローレルはベランダの鉢から摘んできたので生ですが、ドライの方が香りが出ます。
唐辛子は八百屋さんで束で売っていたものです。

a0057650_16354127.jpg

スパイス全部をお茶パックに入れます。

a0057650_16363265.jpg

1時間後、生姜からたっぷりの水分が出ています。これだけで十分煮ることができます。

a0057650_1637652.jpg

スパイスパックを乗せ、中火で沸騰したら、アクを取り、とろ火で30分。

a0057650_16374795.jpg

レモンを絞っておきます。

30分後a0057650_16382196.jpg

火を止めレモンジュースを入れて混ぜると、濃い色になります。冷めるまで放置。
追記:生姜が含有する抗酸化物質のアントシアニンanthocyaninは、pHにより色調が変化し、酸性条件下で赤の発色をするので、レモンの酸で赤くなるんだそうです。(07/21/2015)
a0057650_16414884.jpg


ザルにあげてシロップを落とします。生姜はジップロックに入れてお料理やお菓子作り用に冷凍保存。そのまま食べたり、飲み物に落としても美味しいです。スパイスパックは水出しの紅茶に入れてしまいました。
a0057650_16452531.jpg


ピンクと言うよりはオレンジ色かな。
a0057650_16455548.jpg


a0057650_16461420.jpg

煮沸消毒したガラス瓶に入れ、冷蔵保存。
500gの新生姜から500mlほどの生姜シロップができました。
右が未開封のオリーブオイル500ml、左がシロップ約500ml。

ソーダで割れば Ginger Ale ジンジャーエール、ビールなら Shandy Gaff シャンディ・ガフのできあがり。


朝、冷たい紅茶に入れたら、とても元気が出そうなジンジャーティーになりました。

a0057650_1656272.jpg

[PR]
by runerbook | 2015-07-20 17:22 | おうちドリンク