タグ:アート ( 9 ) タグの人気記事
浅草寺平成本堂大営繕美観プロジェクト
a0057650_2181233.jpg
浅草寺の本堂は、昭和33年(1958年)に再建されてから2009年に落慶50年を迎えました。本堂の創元を護持するために外壁の営繕と屋根瓦の葺き替え工事を開始したのが、平成21年(2009年)12月。2年間の予定です。

で、遠い国からお越しいただいた方々のお伴で、浅草観光と相成りました。工事中だから本堂見られないし、とはいえ素敵なカバーが掛かっていました。中には入れます。

本堂(観音堂)は全体を仮設用の架構体と養生シートでかこわれていて、正面のシートには巨大な龍の絵が描かれています。絵の右側には「平成本堂大営繕美観プロジェクト」の記載がありました。

プロデューサーは、山本寛斎。龍の元絵は、本堂の天井に描かれている川端龍子の「龍之図」。
午後の太陽光を反射して、眼が金色に輝きます。
2010年11月まで見ることが出来るでしょう。
[PR]
by runerbook | 2010-05-02 22:15 | art
COURMAYEUR クールマイヨール
並びのドラッグストアで1.5リットルボトルが150円台のお買い得になっていたので、少し買い置き。硬度が1612mg/Lと知る限りでは最高だと思います。カルシウムが多いためコントレックスよりマイルドな味です。マグネシウムが0.2mgと多いので猫向きではありません。
a0057650_1783043.jpg
ラベルはSandro Botticelli サンドロ・ボッティチェッリの『Nascita di Venere ヴィーナスの誕生』。いつも思うのですが彼の作品は線描手法のためか、時々、頭部と首の関係の不自然さが目立ちます。そのため思わず注視してしまいます。
[PR]
by runerbook | 2008-02-22 17:23 | 素材
STEUBEN・ST Apple ステューベンのりんご
STEUBENステューベンとしましたが、日本だとスチューベンが通りが良いかも知れません。
このりんごは名作ですね。1個1個形が違うので、ステューベンをもうひとつと言ったら、やっぱりまた、このサイズのりんごを選ぶでしょう。ひとつは頂き物です。仲良く2個並んでいます。
a0057650_1918181.jpg

Designed by Angus McDougall.

A sculptor, he was a member of the Steuben design staff for a brief period during 1940, when he designed Steuben's iconic Apple, still a favorite. A native of Oxford, England, he was educated at the Royal College of Art, London.
[PR]
by runerbook | 2007-10-24 19:23 | art
異邦人たちのパリ、その後 Pe'z magic
麻布十番まで出かけ、思いついて国立新美術館に向かった。
目的は開期ぎりぎりの「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005
 ポンピドー・センター所蔵作品展」
。パリに行ったら必ず立ち寄ったポンピドー・センターは、映画やコンサート、展覧会など盛りだくさんで楽しみだった。

国立新美術館は、ポンピドー・センターがうねって大きくなった様に感じた。
設計は黒川紀章。日射熱・紫外線をカットするガラスカーテンウォールは、ゆったりとした曲線を描き、回りの森に引き立てられて輝いている。
a0057650_2153084.jpg


GWのまっただ中、やっぱり人が多い。>>>続きを見る
[PR]
by runerbook | 2007-05-04 21:21 | 外ごはん
大正シック展、その後 cafe 茶洒sahsya kanetanaka
気持ち良くお天気になったので、散歩がてら大正シックを観に東京都庭園美術館へ。
a0057650_17304535.jpg

日本と西欧の強いコントラストが見られる大正時代の美人画、アールデコの影響を受けた着物や小物が、ホノルル美術館から里帰り。この旧朝香宮邸でこその展示。

今回はウインタールームのみ撮影可能。>>>続きを見る
[PR]
by runerbook | 2007-05-02 17:55 | 外ごはん
Charles Jacqueau シャルル・ジャコー
アール・デコ・ジュエリー【宝飾デザインの鬼才シャルル・ジャコーと輝ける時代】
今日が最終日なのに気が付き、午後から東京都庭園美術館に行ってきた。日曜日なのと重なり、人がとても多い。平日に来れば良かったと少し後悔、人の波に押されながら観てきた。
a0057650_23534082.jpg


シャルル・ジャコーは、20世紀前半にカルティエで活躍した宝飾デザイナー。►続きを見る
[PR]
by runerbook | 2007-01-14 18:03 | art
猫ギャラリー「ふくふく猫」「猫町」
mixiでマイミクのうき猫さんは、もりわじんという招き猫作家さん。
ユニークで素敵な招福猫様を作り出している。

こちらは「毒猫神様」。うき猫さんにお願いして画像を拝借。
a0057650_18294589.jpg

「薬猫神様」は長野の瑠璃寺というお寺に奉納され、瑠璃寺ではこの作品を収める建物を建築中、来年の春オープン予定。

大島山瑠璃時
長野県下伊那郡高森町大島山812 TEL:0265-35-2209

もっと、いろんな猫が見たいなと千駄木へ。►続きを見る
[PR]
by runerbook | 2006-12-08 19:14 | 猫たち
ポーセレン・ペインティング・アーティスト展
洗面所の時計が電池切れのようなので、時計屋さんへ行った。
しばし待っていると、後ろから誰かに押された。振り返ると、お友達のPさん。
白金高輪人間なので目黒にいるのは珍しい。
妹さんが目黒の三田でスタジオ・アクトという絵付けの教室をやっているのは知っていたけれど、ここ3日ほど、恵比寿のカッシーナ・スパジオで展示会をやっているそうなので、伺う事にした。
a0057650_17442068.jpg


しかし・・・フリースにチノパンという普段着のまんま。►続きを見る
[PR]
by runerbook | 2006-11-20 18:35 | art
桜満開
a0057650_14102363.jpg
薄曇りになっちゃたけど、それほど寒くもないので、近くの東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)へ桜を観に行った。
桜の本数は少ないけれども、綺麗に咲いている。
人もまばらで良い感じ。なぜか併設のカフェは満員。花よりお茶か。

見事に咲いている:*:・。,☆゜・►続きを見る
[PR]
by runerbook | 2006-04-02 14:36 | お散歩