カテゴリ:おうちごはん( 45 )
鰤の骨が喉にひっかかって
昨晩、喉にひっかかっていたブリの小骨です。
a0057650_10082866.jpg
飲み込んだ瞬間、喉の奥にガリッというかジャリッというか異様な感触があって、痛い。
とりあえず口腔内のブツを吐き出したけど、痛くて飲み込む動作ができなーい。

喉の奥をライトで照らしてゆっくり観察。
見えない。
刺さってはいないようで、出血はない。

うがいしてみる。
出ない。

脳内検索で「医者?」と出る。
ファイバースコープなら取れそう。

午後7時過ぎ、救急外来しかないけど、大事ではないようなので、近所の耳鼻咽喉科の診察時間を確認。
ここはダイビングや航空機搭乗の際などの耳のトラブル予防、花粉症(もう治っちゃったけどね)でお世話になっていました。
a0057650_10045178.jpg

朝9時からか〜
a0057650_10044227.jpg
今朝は6時くらいから、9時のweb予約を取ろうとMacを立ち上げておいた。

喉の奥の違和感と痛みはひどくなってきていた。
歯磨きしようとしたら、喉の奥になにか異物がある感触。
そうぅぅぅぅぅっと出てきたのが074.gif↑アレですよ。。

朝、喉の奥に溜まっていた濃度の濃い唾液が、ひっかかっていた小骨を浮かせたんだと思いますね。
やれやれでした。

丁寧に小骨を取ったつもりだったんだけどな〜007.gif

084.gif  深く反省 084.gif

[PR]
by runerbook | 2017-02-02 10:31 | おうちごはん
ぎんなんのオリーブオイル漬け
Ginkgo nuts marinated
in Extra virgin olive oil

ぎんなんを戴いたので、フライパンでパンパン煎り焼きして皮をむいて、
EXVオリーブオイルに漬けただけ。
a0057650_12110191.jpg
このまま、海の塩ちょっと振って つまんでも美味しいけど、

083.gif

あったかい炊き込み御飯に、オイルごと大さじ一杯かけると、
a0057650_12144585.jpg
これまた素敵 079.gif



[PR]
by runerbook | 2016-10-19 12:21 | おうちごはん
バナナ クラフティ | フライパンで簡単に作る
Clafoutis à la banane
食べきれなかったバナナが黒くなりそうだったので、今朝は簡単バナナクラフティに変身。
20cmのミニフライパンを使ったけど、スキレットでも大丈夫。スキレットならオーブンで焼けます。
a0057650_12551990.jpg


材 料

     完熟バナナ 2本
     バター 1ポンドのを1cm 80gくらいかな?
     豆乳 200cc
     卵 2個
     薄力粉 50g
     きび砂糖 50g
     ダークラムとかカルバドス 好きな香りのお酒小さじ1杯程度
     仕上げ用粉砂糖少し

a0057650_1323884.jpg

1ポンドバターから1cmくらいカット

a0057650_13234236.jpg

フライパンでゆるく溶かす。弱火ね。

a0057650_13241389.jpg

黒くなり始めたバナナ
a0057650_13242555.jpg

10mmくらいにカット

a0057650_1325153.jpg

溶けたバターに投入。
極弱火で、両面焼く。

a0057650_1325344.jpg

その間に
粉系(粉、砂糖)をボウルで混ぜる。

a0057650_13255194.jpg

猫の毛、注意!

a0057650_13261338.jpg

液体系(卵、豆乳)
a0057650_13263454.jpg

よく混ぜて、

a0057650_13265213.jpg

液体系と粉系を混ぜて


そろそろ焼けてきたフライパンのバナナ
a0057650_13272090.jpg
このままでも見た目おいしそうですが、バターバターでしつこいです。

a0057650_1328162.jpg


液体系と粉系を合わせたアパレイユを流し込む。混ぜないでね。

a0057650_13282023.jpg


蓋をして

a0057650_13284166.jpg


極々、弱火で30分、蓋をして蒸し焼き。火力は家庭ごとに違うので、様子見ながら適当に。
スキレットに入れた場合は、このまま180℃のオーブンで30分。

058.gif焼けた058.gif
a0057650_132945.jpg
ダークラムやカルバドスを回しかけます。


粉砂糖をかけてできあがり
a0057650_13292340.jpg


064.gif Ça sent bon! 064.gif


[PR]
by runerbook | 2016-10-11 13:56 | おうちごはん
手作りしようマヨネーズ その1 オリーブオイルと卵黄のマヨネーズ
材料はとっても簡単。自分で好きなようにアレンジもできます。
保存料や添加物が入っていないので安全ですが、日持ちしないので食べるだけ作ります。残ったらドレッシングを作るか、冷蔵庫に保存します。数日以内に使いきります。

今回はミルクフローサーでちょこっと作ります。ミルクフローサーはボダムBodumのスキューマSCHIUMAです。
a0057650_22592671.jpg

オリーブオイルと卵黄のマヨネーズ

材 料
卵  黄 ・・・ 1個
 酢   ・・・ 大さじ1杯
海  塩 ・・・ ひとつまみ
キビ砂糖 ・・・ひとつまみ

オリーブオイル ・・・75cc

作りましょう
a0057650_2304620.jpg
卵黄を取り分けます。ミルクを泡立てる時のミニピッチャーを使っています。

a0057650_232365.jpg
カラザは取り除きます。白身の方に戻して他の料理に使います。

a0057650_2351293.jpg
卵黄に大さじ1杯の酢を入れます。

a0057650_236131.jpg
塩と砂糖も。

a0057650_2373023.jpg
ミルクフローサーでなめらかになるまで撹拌。1分くらいかもう少し。

a0057650_2391028.jpg
トロっとしたら、

a0057650_2394728.jpg
オイルを少しづつ少しづつ入れながら混ぜ続けます。

a0057650_23103366.jpg
オイルの半分が入ったところ、ちょっと重くなります。フローサーでマヨネーズの表面をなでるように混ぜます。フローサーは小さいので、抵抗が増すと暴れてしまいます。

a0057650_2313312.jpg
出来上がり。ぽってりしています。この後、粒マスタードとかお好みで入れます。

[PR]
by runerbook | 2016-07-10 23:20 | おうちごはん
最近のコーンブレッド
ナチュラルなパンがない翌朝用に、夜中に簡単に焼けます。かかる時間は洗濯機が1回働くくらいの間。バター、蜂蜜、メープルシロップ、クロテッドクリーム、クリームチーズ、ジャム、好きな物つけて。
a0057650_16121024.jpg

昔風にスキレットで焼きます。この写真はロッジの6ハーフインチで、少ない量で作るとき用。
今回の材料は10 1/4インチ用です。分厚い鉄鍋ならゆっくりおいしく焼けます。
a0057650_16113484.jpg


材  料 25~26cmくらいのスキレット 用
     スキレットカバー(蓋)も必用です。

材料A - 粉類
コーンミール 185g
オールパーパス(中力粉) 130g
キビ砂糖 大さじ4
海の塩 小さじ1/2
ベーキングパウダー 小さじ2
重曹 小さじ1/4

材料B - 液体類
卵 3個
ココナツオイル 100cc
豆乳 1カップ

焼く時に
バター 大さじ3

作 り 方
1.大きいボウルに材料A - 粉類をすべて入れ泡だて器でよく混ぜ合わせる。

2.材料B - 液体類はココナツオイルをガラスボウルに入れ湯煎して液体状にしておく。熱くしないでください。溶ければいいので。室温が26℃以上なら液状になっているのでそのまま使います。そこに卵と豆乳を入れよく混ぜます。

3.材料A - 粉類のボウルに材料B - 液体類を流しいれさっくり混ぜる。
4.極弱火で温めておいたスキレットにバターを投入。全体にゆったり溶けたら、材料A - 粉類材料B - 液体類を合わせたものを流し入れスキレットカバーをする。
5.そのまま極々弱火で20分くらい。
6.表面が乾いたように焼けてきたらひっくり返して、あと10分くらい。
a0057650_17535384.jpg
ボソボソするのでクリームなど使って食べます。

結局行きつくのはトラディショナルなお道具。お手入れ少しめんどうだけど、使い込むと馴染んできて手放せない。最近また大好きなロッジ。
a0057650_1638339.jpg

[PR]
by runerbook | 2016-06-02 16:47 | おうちごはん
塩イクラぷりぷりバージョン
生筋子・・・500g
純米酒・・・250g
海の塩・・・15g
日高昆布・・3cm角1枚

日本酒は安くていいので無添加の物を、今回は愛媛のお酒です。
a0057650_0494456.jpg

つけ汁
日本酒に塩を入れ煮切ってから冷ます。
a0057650_0484376.jpg

北海道の生筋子
駅ビルの魚屋さんが目の前で魚焼きの網でほぐしてくれたので、手早く流水で洗い、筋や皮の残りをきれいに取り除く。
3.5%の塩水でさっと洗う。
ザルにあげて水切り。
a0057650_049777.jpg

イクラに冷めた漬け汁をひたひたになるよう注ぎ(余るかも)
昆布を乗せて、冷蔵庫で1日置くとできあがり。
a0057650_05832.jpg

千切りにしたスダチを散らしたり、いろいろアレンジどうぞ。
[PR]
by runerbook | 2014-11-15 00:00 | おうちごはん
酢橘はちみつ漬け
柚子を漬けたついでに酢橘も。
徳島の酢橘です。目黒のサンマまつりでおなじみです。
a0057650_117749.jpg

1mm程度にスライスして瓶に詰め、上からたっぷり蜂蜜を注ぐだけ。
明るい色のアカシア蜂蜜です。
冷蔵庫で2日ほど置くと出来上がり。

酢橘の有効成分は、クエン酸、スダチチンなど。抗糖尿病作用、エネルギー消費量の増加、抗アツルハイマー、抗癌に期待できるようです。
[PR]
by runerbook | 2014-11-14 00:00 | おうちごはん
柚子はちみつ漬け
急に冷え込んできたので、風邪の予防に柚子をはちみつ漬けに。
高知の柚子です。
a0057650_12823.jpg

無農薬のものが安心だけど、いちおう水で洗って、皮の表面を激落ち君でごしごしこする。
ヘタを取って1~2mmにスライス、種は入れてしまいました。抗炎症、血行促進があってお茶や化粧水にするくらいなので。
瓶に入れて上からはちみつを注ぐだけ。はちみつはたっぷり柚子がすっかりかぶる様に。
冷蔵庫で2日くらい置いたらできあがりです。

テーブルスプーン2杯にお湯を注いで飲むととっても暖まります。
熱々のトーストに乗せてEXVオリーブオイルをたらすのもお勧め。

柚子に期待する有効成分は、ビタミンC、βクリプトキサンチン、β-カロテン、ヘスペリジン、ナリンギン、クエン酸、リンゴ酸、リモネンなど。抗酸化作用や新陳代謝促進、免疫強化作用があるそうです。
[PR]
by runerbook | 2014-11-13 23:44 | おうちごはん
いくらの醤油漬け - 旬 -
a0057650_22542073.jpgいくらの醤油漬けは、とにかく鮮度。
今日の生筋子はぴかぴかの北海道産359g、旬の真っただ中。皮は薄いけれど手で軽くほぐせます。両側から皮を持ち親指でなぞっていけばポロポロ外れます。細かい筋などを取り除いて10分くらいかかります。

a0057650_2255107.jpg美味しいいくらの場合はお醤油とお酒だけで。昔風の作り方をしている無添加のを1:1の割合で。普通はもっとお醤油を入れるけど、うちはこれで。

a0057650_22574144.jpg日高昆布のはじっこを3cm角に切っておきます。

a0057650_22585047.jpgいくらはほぐして筋や膜をきれいに取り除いたら水でさっと流します。10月中旬以降のいくらは皮が硬くなるので薄い塩水で洗います。
a0057650_23093.jpgガラス瓶にいくらを入れ、その上からひたひたになるまで醤油と酒1:1にしたものを注ぐ。今日は75cc入りました。上に切っておいた昆布を乗せる。

a0057650_2324546.jpg冷蔵庫で2日くらいしたら美味しいです。30日は冷蔵庫で保管できると聞きますが、1週間もしないうちに空になります。

a0057650_2332961.jpg猫らは大好物なので、味付け前の良く水洗いしたのを3粒ほど。

a0057650_2341067.jpgお肉にトッピングしたのも好きです。

[PR]
by runerbook | 2014-09-26 23:13 | おうちごはん
お正月の昆布巻き
072.gif鰤の昆布巻き 48個分072.gif

子供の頃からずっと担当だった大晦日の昆布巻き。
鰤は脂が強いのできらいですが、この昆布巻きだけは好きなので、最近はずっと鰤を使っています。
毎回、材料も分量も適当なので、どの位適当なのか今年は記録してみました。
おいしいお醤油、おいしい日本酒を使って、すっきりふっくら炊き上げます。

= 準  備 =
醤 油・・・・・50cc
日本酒・・・・・50cc(料理酒はNG)
鰤(ぶり)・・・厚さ1cmの切り身にして6枚
        1枚の切り身から8切れの拍子切りにして、醤油と日本酒に浸ける。
        切れ端はすぐに煮て、猫のおやつに。
日高昆布・・・・150g
        よく切れるはさみでスパッと15cm位に切り、30分水に浸しもどす。
        戻してから切るのは難しい・・


a0057650_1639931.jpg


未晒し木綿糸
長い木綿針

糸を通した針を3本くらい用意します。
巻いている途中の糸通しは苦労するので。

a0057650_16383338.jpg


昆布の幅に合わせた鰤を置いて、巻く。

a0057650_16484100.jpg


巻いたら糸を通して束ねる。

a0057650_16487100.jpg


ただただひたすら巻いて糸通し。

a0057650_16481159.jpg


余った昆布で作った、飾りの結びきり。
昆布を縦に2、3等分に切り、結びます。

a0057650_16391145.jpg


鍋にびっちり詰め、糸は最後の昆布巻に巻きつけ、
鰤を浸けておいた日本酒、醤油を入れる。
キビ砂糖大さじ4杯を加え、本みりんは適当にばしゃっと。
昆布のもどし汁をひたひたに入れる。
この時、味を見て、足りないようなら、日本酒、醤油を加える。
ずいぶん薄味かなって感じるくらいが妥当。
皮付き生姜の薄切りを乗せる。

a0057650_1639133.jpg


炊き始め中火、グツグツ言い出したら弱火にする。
アク取りして、ごく弱火で30分。
煮汁がなくなりそうだったら、昆布のつけ汁を足す。
煮あがったら、鍋の蓋は取らずに粗熱が取れるまで放置。

写真を撮るので蓋を開けましたが、開けてしまったら、蓋をして強火であおってから火を止めておきます。

とっても適当です。
とにかく薄味で作れば、後で味が馴染んでふんわり優しい味になります。
[PR]
by runerbook | 2013-12-31 17:22 | おうちごはん