BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musée ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
国立新美術館ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼへ。
相変わらずの人気で、人がいっぱい。

テーブルナプキンは22インチ、昔ながらのボタンホール付きで、ロゴは刺繍。
カジュアルなのに、キチンとしている。
a0057650_2035541.jpg




プリフィクスのランチで、シェア。

エシレバター(追加注文)と昔ながらの未漂白小麦粉のパン。
ポットいっぱいに、さっぱりしたピクルス。
a0057650_20115119.jpg

鴨のテリーヌ カンパーニュ風
市場からのサラダ パルメザンのコポー添え
a0057650_20144216.jpg

ガンバス海老のポワレ リゾットと共に
やわらかい牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風
a0057650_20164827.jpg

昔ながらのゴーフル "グランメール"
   ホイップクリーム、リンゴのコンフィチュール、チョコレートソース付き
フロマージュブランのムース 赤いフルーツと共に
   フルーツはチェリー、レッドカラント、ブルーベリー、グロゼイユ(すぐり)
a0057650_20192670.jpg

とてもカジュアルなのに、味は正統派。
ポール・ボキューズさんまだまだ健在。

[PR]
by runerbook | 2007-07-13 20:27 | 外ごはん


<< 猫的おやつ 黒トリュフ試食会 by ROS... >>