浅草寺平成本堂大営繕美観プロジェクト
a0057650_2181233.jpg
浅草寺の本堂は、昭和33年(1958年)に再建されてから2009年に落慶50年を迎えました。本堂の創元を護持するために外壁の営繕と屋根瓦の葺き替え工事を開始したのが、平成21年(2009年)12月。2年間の予定です。

で、遠い国からお越しいただいた方々のお伴で、浅草観光と相成りました。工事中だから本堂見られないし、とはいえ素敵なカバーが掛かっていました。中には入れます。

本堂(観音堂)は全体を仮設用の架構体と養生シートでかこわれていて、正面のシートには巨大な龍の絵が描かれています。絵の右側には「平成本堂大営繕美観プロジェクト」の記載がありました。

プロデューサーは、山本寛斎。龍の元絵は、本堂の天井に描かれている川端龍子の「龍之図」。
午後の太陽光を反射して、眼が金色に輝きます。
2010年11月まで見ることが出来るでしょう。
[PR]
by runerbook | 2010-05-02 22:15 | art


<< 雨ニモマケズ/宮澤 賢治 Application err... >>